火葬が一般的

積まれた段ボール箱

葬儀は昔から私たちが生きている限り切り離すことのできない行事の一つでした。はじめに、葬儀の歴史と変遷について説明をします。 欧米では死後は土葬されることが多く日本のように火葬を希望する人はまだまだ少ないのが事実です。日本も以前は死後は土葬が主流だった時代もありますが、現代は土地や公衆衛生上の問題もあり火葬が一般的となってきました。 また人が亡くなると世間体や社会的地位の見栄などもあり、立派な祭壇を準備して費用のかかる葬儀を行ってきた時もありました。しかし、現代では核家族化や経済状況の変化によって昔のような葬儀を行う人は少なくなってきました。あまり費用をかけないで簡素に葬儀をしてもらいたいという人が増加しているのが現状です。

次に、今後の葬儀の動向について説明をします。これからも葬儀はさらに簡素化していくことが考えられます。亡くなってから立派な葬儀をしてもらっても何もわからないし、無駄なお金を子供達に使って欲しくないという親が増えて、葬儀に関しても遺書に希望を書いておく方もいます。参列者が増えればその分費用もかかります。よって親しい身内や友人だけに最期を見送ってもらいたいと考えている傾向が強くなってきています。結論としては昔はお葬式の仕方がある程度決まっていましたが、現在では人それぞれの希望に沿って行われるようになってきています。今後もこのような傾向は続くことが予想され、さまざまなスタイルのお葬式が行われていくことになるでしょう。